子育てママが軽自動車を乗りこなす!人気車種 購入値引きから 実際の燃費 買い替え 買取査定まで&節約術や子育て情報も

軽自動車の買い替え手帳 forママ

軽自動車を高く売るには?買取店比較で損しない売却方法

軽自動車のディーラー下取りと中古車買取専門店の買取を比較!どちらがいい?メリット デメリット

投稿日:

Pocket

新しい車を購入したいと考えており、今の車を手放したいと考えている方が悩むのが、ディーラーで下取りに出すか中古車買取専門店で買い取ってもらうのかという点についてでしょう。

頻繫に車を購入したり、売却したりするという人はなかなかいません。そのため実際のところどちらが良いのかわからないという方が多いです。

そこでこのページでは、ディーラーで下取りをしてもらうメリットとデメリットと中古車買取専門店の買取のメリットとデメリットを比較した後で、ディーラーが向いている人と専門店が向いている人の説明をします。

自分の場合どちら向いているのかを理解して、下取りや買取で損をしないようにしましょう。

ディーラーで下取りをしてもらうメリット

ここでは最初にディーラーで下取りをお願いするメリットを紹介します。

ディーラー下取りの安心感がある

中古車買取専門店で買い取ってもらうデメリットで後述しますが、買取業者の中には悪徳業者が存在します。特に軽自動車の場合であれば、悪徳業者に少し安めの査定をだされても「軽ならそんなものか」と納得してしまうかもしれません。

しかしディーラーで下取りを出してもらう場合にはそのようなことが起こりません。

ディーラーは下取りをした車を販売して利益をあげようというより、車の販売サービスの一環として下取りをしています。

下取り価格を誤魔化して儲けるよりも、誠実に下取りをして、気持ち良く車を買ってもらう方が利益になります。そのため下取り価格を誤魔化すようなことはしないわけです。

スポンサーリンク


ディーラーは手間がかからない

買取業者で買い取ってもらう場合には、新しい車の購入前に現在の車を自分で売却しなくてはなりません。

中古車買取専門店の中には出張買取サービスを提供しているところが多いです。そのため以前よりは中古車の売却先を見つけるのは簡単になりました。

しかし買取店で車を売却する際に必要な複数の書類を用意する手間がかかるのには変わりません。

一方、ディーラーで下取りをお願いする場合には、書類のやり取りであちこち行ったり来たりする手間はなく、1つの店舗で全て完了です。さらに、当然購入時の手続きも一手にお任せできるので、時間や労力を節約できます。

軽自動車で、車買取店でもあまり高い査定額を期待できず、ディーラーとの差額が小さいであろう場合には時間や労力を節約できるのは重要です。

ディーラーでは価値の低い車でも値段が付く

古い軽自動車だったりすると、ほとんど価値が残っておらず買取業者では買い取ってもらえないこともあります。もし多少価値が残っていたとしても、その買取業者が販売した時に売れなさそうだと考えれば値はつきません。

しかしディーラーでの下取りでは価値の低い車でも値が付きます。

そもそもディーラーでの下取りは新しい車の購入者向けのサービスです。下取りした車から利益をあげる目的のものではありません。価値の低い車に値をつけても新しい車を購入してもらえれば利益は確保できます。

またディーラーでは車種ごとに値引きできる幅が決まっています。しかし当然、最初から値引き可能の限界額まで値引きする営業マンはいません。しかし中古車の下取りをお願いする場合には、値引きをする代わりに下取り価格を多めにするという形で還元してくれることもあります。

ディーラーでは下取り価格分が実質的な値引きになる

車もブランド商売。
ルイヴィトンやプラダ、シャネル等、多くの人が知っているアパレルブランドの直営店やアップルなど、ブランドが確立されている企業は値引きをしないことが多いです。

値引きをして安い方が多くの人に買ってもらうことができそうだと考える人もいるかもしれません。

しかしこれらの企業は、その企業の商品を持っていることがステータスのようになっており、価格が高いことがブランド化に役立っています。

そのためブランド価値を保持するために敢えて値引き交渉に応じないわけです。自動車メーカーでも同じようにブランド化しており、敢えて値引きをしないところは少なくありません。

しかしそんなブランド化した自動車メーカーのディーラーでも下取り価格を高くすることで、形式上は値引きをしないことでブランド価値を高めつつも、消費者の負担を減らしているケースは多いです。

 

ディーラーで下取りをしてもらうデメリット

ここからはディーラーで下取りをしてもらうメリットを紹介します。

ディーラーの下取りは相場よりも安くなる

ディーラーの下取り相場と買取業者の査定相場を単純に比較するとディーラーの下取り相場の方が安くなることが多いです。

買取業者は中古車を買い取って、その中古車を他の客に高く売るにせよ、他の中古車販売店に売るにせよ、利益にする方法をよく理解しています。そのため多少高い査定額を出しても損にはなりません。

特に年式の新しい人気車種ではその傾向が顕著です。人気車種であれば非常に高く売ることができるので、査定額も上がりやすくなっています。軽自動車であれば、

・DAIHATSU ムーブ

・SUZUKI ワゴンR

・DAIHATSU タント

・HONDA ライフ

などは中古車でも人気が高く、ディーラーと買取業者での価格差が大きく出やすいでしょう。

ディーラーの営業マンによって価格が左右される

ディーラーでは中古車の下取り金額の裁量を営業マンが持っています。そのため、自分の担当になった営業マンによって、相場とは大きく異なった価格になる可能性が否定できません。

買取業者の営業マンも査定額に関する裁量を持っているので、営業マンによって価格が大きく異なるのは、当然買取業者で査定依頼をする場合でも同じです。

しかし買取業者で売却する場合には、複数の会社から査定をしてもらって最も条件の良い会社に売ることが可能ですが、ディーラーの営業マンを変えるのは難しいでしょう。そのため営業マンによって価格がされやすいです。

ディーラー以外の他社メーカーはいっそう価格が低くなる

ディーラーで売却する場合には相場よりも価格が低くなりがちですが、ディーラーの自社メーカーの場合には下取り価格も頑張ってくれることが多いです。

ディーラーも下取りをした後は中古車として販売していることがほとんど。中古車販売は本業ではないため、買取専門店ほどの高く売るノウハウはありませんが、自社のものであればディーラーもしっかり売ることができます。

しかし下取りしてもらうのが他社メーカーの場合にはそうはいきません。他社メーカーの市場価格の相場については疎いことも多いです。その場合には必然的に売却価格が下がってしまいます。

 

中古車買取専門店で買取ってもらうメリット

ここからは中古車買取専門店で買い取ってもらうメリットを紹介します。

中古車買取専門店なら高く買い取ってもらいやすい

ディーラーは中古車販売を専門としているわけではないので、買い取った中古車を高く売るための流通ネットワークを持っていません。

一方、買取専門店であれば、中古車買取専門店なら業者間オークションで、中古車販売店なら一般客への販売では高く売るための流通ネットワークを持っています。そのため高く買い取りをしても高く売ってしまえば会社の利益は確保可能です。

さらに、軽の事故車などは価値が非常に低いので、価値の低い車でも受け入れてくれやすいディーラーの下取りでも、査定が0になることが少なくありません。しかし専門店の場合には事故車に特化した会社もあります。事故車の専門店であれば事故車でも受け入れてくれるでしょう。

複数の中古車買取専門店に査定依頼をしてより高いお店を選べる

ディーラーでは担当の営業マンが下取りの低い査定額を出しても、査定額が低いことを理由にディーラーを変えるのは容易ではないでしょう。

しかし中古車買取専門店や中古車販売店などであれば、査定依頼をして査定額に納得がいかない場合には複数社に査定依頼をすることができます。そしてその中から最も良い条件で買取をしてくれる会社を選んで売却すれば、満足のいく売却ができるはずです。

そして査定方法も様々あるので、複数社に依頼するのもそれほど手間になりません。

より高い査定額を求めて何社も回るような必要はありません。

中古車買取専門店は出張査定が可能

ディーラーには下取り専門の営業マンはいません。そのためディーラーに出張査定を依頼することは不可能です。ディーラーの店舗に車で行って査定を受ける労力がかかってしまいます。

しかし買取専門店では買い取り専門の営業マンがいるため、指定の場所に出張査定に来てもらうことが可能です。忙しい人でも空いた時間を見つけて出張査定を依頼すればスムーズに買取がすむでしょう。

 

中古車買取専門店で買取ってもらうデメリット

ここからは中古車買取専門店で買い取ってもらうデメリットを紹介します。

中古車買取専門店は手間がかかる

出張査定が可能になり、車を買い取ってもらう手間は非常に少なくなりました。しかし出張見積を依頼する場合には時間をつくって立会いをしないといけません。

またそもそも予約が取りづらいこともあるでしょう。さらに買取専門店の場合には手続き上の手間がディーラーで購入した場合よりも大きいです。

軽自動車は市場価格が低い傾向にあります。そのため、ディーラーで下取りを依頼した場合の価格と専門店の価格にそれほど大きな差がないケースも少なくありません。

その場合には、無駄な手間をかけないために、最初からディーラーで下取りしてもらった方が良いこともあります。

価値の低い車は買い取ってもらえない

ディーラーは車を買ってもらうためにサービスの一環として車の下取りをしています。そのため軽自動車で価値が低いものでも、新しい車を買ってもらえれば利益はでるわけです。

しかし専門店の場合には、価値の低い車を買い取って、売ることができなければ全て損失になってしまいます。そのため価値の低く、売れるかどうか分からない車は買い取ってもらえないことも珍しくありません。

中古車買取専門店の中には悪徳業者も存在する

買取専門店の中には悪徳業者も存在します。車の引き取りだけ済ませておいて、料金は後日振り込むといったまま連絡が途絶える業者や、車の処分で受け取ることができるリサイクル料などの税金の還付や返金について、売主に説明せずに利益をあげようとする業者、名義変更をせずに軽自動車税を売主に支払わせようとする業者など様々です。

当然、悪徳業者を見極めることができれば問題ありません。しかし「私に限って騙されるわけがない」と思っていたら騙されたという人もいるので注意してください。

 

ディーラーが向いている人と中古車買取店が向いている人

ここでは、これまで説明してきたディーラーと買取専門店でそれぞれの下取りや買取をしてもらうメリットとデメリットを比較してディーラーの下取りが向いている人と中古車買取店での買取が向いている人を紹介します。

ディーラーが向いている人

ディーラーで下取りをしてもらうのが向いているのは以下のような人です。

・所有している軽自動車の残価率が低く、価値が下がってしまっている人

・忙しい人

残価率とは新車価格に占める残価の割合のことです。残価率が低いと中古で販売するときの価格は当然低くなります。

もとより値段の安い軽自動車の中でも残価率が低いものであれば、専門店で買取をしてもらってもそれほど良い値が付かず、ディーラーで下取りした場合との差額は限られたものになるでしょう。

忙しい中でせっかく時間や労力を割いて専門店で買い取ってもらっても、無駄になってしまいます。それならば最初からディーラーで下取りをしてもらい手間を省くのがおすすめです。

中古車買取専門店が向いている人

中古車買取専門店で買い取ってもらうのが向いているのは以下のような人です。

・残価率が高い人気車種に乗っている人。

・時間を作ることができる人

・少しでも高く買い取って欲しい人

残価率が高い車であれば中古車の市場価格は高いもの。例えば中古の軽自動車で残価率の高い「SUZUKIジムニー」の残価率は84%です。

新車価格は150万円程度なので中古車買取専門店は独自の流通ネットワークで非常に高値で売ることが可能です。単純に計算すると残価は130万円程度になります。

もしディーラーの下取りと専門店の買取で5%も価格差があれば、約7万円の差です。

7万円も高く売れるのであれば多少は労力や時間を使ってでも専門店で売りたいという方は多いでしょう。

スポンサーリンク


-軽自動車を高く売るには?買取店比較で損しない売却方法

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.