中古車買取店で軽自動車を高く売る方法!一括査定は?

個人売買をする

更新日:

Pocket

友人・知人に売却するメリット

知人や友人など、個人が個人に自動車を売却する事を個人売買といいます。個人売買には、さまざまなメリットがあります。

しかし、その反面で大きな問題点やデメリットも抱えています。このメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、どちらの方が大きいかを自分なりに考えて行動をするべきだと思います。

個人売買の最大のメリットは、売却した値段がそのまま自分のものになるという点です。

中古車販売店に査定に出す場合だと、実際に売却した自分の車が市場に出される値段と、買取価格は違います。

中古車買取業者は、消費者から中古車を買い取って、買取額よりも高い値段で売りに出す事で、その差額で利益を得ていますので、当然市場販売価格よりも買い取り価格の方が低くなるのです。

しかし、友人や知人への個人売買の場合は売った値段がそのまま買取価格として自分のものになります。

なので、市場に出回っている同等の中古車よりも安く友人に販売して、友人は安く買える事になり、自分は多くの買取店の査定額よりも高額なお金を受け取れる事になるため、買い手と売り手の双方にメリットの大きいのが個人売買の最大のメリットです。

通常、自動車や物を売却する場合は、間に販売店を介します。

自分がお客さんに直接売るわけではないので、間に入った販売店は、消費者から少し安く買い取って利益分を上乗せして販売するのですが、個人売買の場合、このような仲介業者を介さないため、お互いがメリットの大きい売買ができるのです。

スポンサーリンク


個人売買のデメリット

個人売買には、売り手も買い手も多くのメリットがあると言いましたが、逆にお互い大きなデメリットを抱えています。なので個人売買はハイリスク・ハイリターンな取引だといっていいでしょう。

個人売買の大きなメリットとして、売り手と買い手の間に販売・買取業者が仲介しないという事は既に説明しましたが、まさにこの仲介業者が入らないというのが最大のデメリットになります。

個人売買で商品を買う人間は、言ってみれば相手を信頼して購入するため、それ以外の保障が一切ありません。

購入する中古車はプロの査定士が査定したわけではなく、売り手個人の感覚で状態などを説明する事になります。

素人では、故障箇所も過去の経歴もわかりませんから、購入後に不具合が生じて、トラブルに発展するという話もよく耳にします。

それが仲の良い友人であれば、対人関係に亀裂が生じる事になりかねません。

また、販売側も売り渡した相手がすぐに故障したと言ってきた時の保障や対応に困る事になります。

個人では厳密な基準や契約書類を交わしたわけではないので、売却した中古車に不具合が生じた時に損をするのは、おのずと売り手側か買い手側かのどちらかになるという事です。

もし売った後に知人から「壊れたんだけどどうしてくれる」と、怒りの連絡がきたり、「返品したい」と言われたらどうすればいいのでしょうか。

現品を確認したところ、明らかに友人の乗り回しが悪く、車自体に一切の非が無かったとしても、友人はカンカンで、壊れた車を返品して現金も返金、残ったのは壊れた車だけという事にもなりかねません。

このようなハイリスク・ハイリターンな取引という難点があります。

オークションで売るメリット

物や自動車を売買するツールとして、オークションがあります。

オークションも、売り手と買い手がそれぞれ個人で取引をおこない、オークション会場という仲介業者は挟むものの、オークション側は、あくまで取引の場を提供しているに過ぎず、個人での取引にこれといって変わりはないので、オークションも立派な個人売買だと言えるでしょう。

オークションで販売するメリットの多くは、先に紹介した友人や知人に対する個人売買と変わらないでしょう。

しかし、知り合いを対象とした個人売買よりも、規模が大きいものと考えるべきです。

ごく身近で少数のグループでおこなわれる個人売買とは違って、オークション会場という圧倒的多数の人が利用・閲覧する会場で売買をするため、より多くの人が取引の対象になります。

また、出品者側は、値段を付けて待つだけで、後は落札したい閲覧者達が勝手に値段を上げてくれて、それなりの値段になるのも特徴です。

このような競合形式のオークションでは、よりたくさんの購入希望者により高い値を付けてもらえるというのが最大のメリットです。

通常の個人売買と同じく、落札価格がそのまま売り手のもとに入ってくるので、中古車買取業者に査定してもらうよりもはるかに大きい利益が見込めます。

ただし、オークションでは会場を提供してくれているオークション側に手数料を支払わなくてはいけませんが、それを含めても個人売買として十分にメリットはあるでしょう。

オークションのデメリット

オークションもまた、友人・知人規模の個人売買と同じく、ハイリスク・ハイリターンになります。

また、友人や知人と違って落札者がどこの誰だかもわからないため、よりトラブルになりやすく、お互いの素性がわからない取引になります。

落札者側のリスクとしては、オークション詐欺などと呼ばれるように、高額な商品を落札して、金額を入金したところで連絡がこなくなり、アカウントも抹消されると言ったような自体が十分に起こり得ます。

また、購入した中古車の品質を保証してくれる機関がどこにも無いため、落札した中古車が届いてみたら、非常に粗悪な廃車寸前のもので、しかも「ノークレーム・ノーリターン」の商品を落札してしまったために、文句を言う事も返品する事も出来ないなどの事態に陥る可能性があり、オークションは、高額商品になればなるほど危険を伴います。

オークションでよく目にする「ノークレーム・ノーリターン」とは、中古ジャンク品につき、現状で判断をして自己責任で購入してくださいという意味で、オークションではよく目にする言葉です。

当たり前のように使われていますが、一方で悪質出品者の隠れみの的な言葉としても使われており、高額商品を落札する時は非常に注意が必要です。

出品側としても、実際に中古車をどのような方法で落札者のもとまで輸送するのかや、万が一輸送の途中や、落札者に届いてまもなく故障してしまった場合の保障をどうするのか、輸送の費用はどちらが持つのかなどで非常に不安要素が多く、トラブルに発展しやすい部分には十分に注意をして、取引をしていくべきでしょう。

スポンサーリンク


-中古車買取店で軽自動車を高く売る方法!一括査定は?

Copyright© 軽自動車の人気車種!燃費から値引 買取査定まで/軽買節約スタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.