子育てママが軽自動車を乗りこなす!人気車種 購入値引きから 実際の燃費 買い替え 買取査定まで&節約術や子育て情報も

軽自動車の買い替え手帳 forママ

事故と安全運転

軽自動車と事故車事情あれこれ

更新日:

Pocket

事故車とは

ある程度の期間車に乗っておられる方は「事故車は買値がつかない」と言う話を聞いたことがあるかもしれません。中古車販売店のポップにも「事故車無し」と言うものが見られますね。

しかし、本当に事故車とは何か、皆さま御存知でしょうか。

よく誤解されることは、事故車とは交通事故を起こした車のことではありません。

中古車の世界では「修復歴車」が正式名称で、その名の通り、故障や破損などで修理をした履歴のある車両の事を示します。

修理と言っても、問題になるのは、ボンネット等車を走行させるのに必要不可欠な骨格の部品に施した修理だけです。

塗料が剥げたから塗り直した、シミになったのでシートを入れ替えた等、車の外観に関わる修理は修復歴扱いされないことが多いのです。

また、交換できるタイヤがパンクしたなども事故のうちには入りません。傷がある車は多少査定額が下がりますが、中古車業者は自社工場を持っているので引き取ってもらえますよ。

先ほどもいくつかの事例をあげましたが、残念なことに中古車業界では、事故車はどちらかと言うと忌避される傾向にあります。

仮に修繕してあっても、新車に比べて故障する率が高いためです。また、中古車の中には、験を担ぎ、事故車を縁起悪い車として絶対に買わない人もいるようです。

しかし、業者の中には、ちゃんと事故車でも値をつけてくれるところがあります。

根気よく探せば、希望通りの査定額をつけてくれるところに必ず出会えるので諦めないでくださいね。

スポンサーリンク


事故車は買取ってもらえない?

少しシビアな現実ですが、中古車買取業者の中には、事故車お断りと言うところが幾つかあります。

その理由は転売しづらいからと言う単純なものです。

買取業者は買い取った車をある程度修繕し新たなオーナーに売ります。その際に事故車だとわかると顧客が嫌がるのです。

後から事故車だと分かって揉め事になったと言う話もよく聞きます。

しかし、すべての中古車買取業者が修復歴のある車を買い取らないもしくは値をつけないと言うわけではありません。

インターネットで「事故車を買い取ってくれる業者」と言う検索語を打ち込むと、相当な数のヒットが出てきますので、ご安心を。

中には、部品だけを転売する業者もあるようです。

また、今現在、需要の高まりによって金、銀、プラチナ、及びレアーアースの相場が高騰する事態が続いています。

試しに宝石店などに行ってみると、商品のつくりが昔より華奢で、その割に価格が高いことが分かります。

透かしや裏抜き(指環の腕など)をしている製品も多く見受けられます。

これは地金の価格が高すぎて、分厚く作ることができなくなったために起きた現象です。

今や、貴金属はリサイクルする時代です。自動車は部分部分に貴重な金属を使っており、スクラップ工場は実は金属加工をする人間には宝の山なのです。

金属の相場が上がったことで、リサイクルの経費を出したとしても、充分利鞘が出るようになりました。

おかげで、昔は値がつかず下取りに回っていた車も買い取ってもらえるようになってきたのです。事故車だからと諦めずに、業者探しをしたいですね。

事故車の処分方法

走行不能もしくはそれに近い状態になった車の処分方法には次のようなものがあります。

まず、修理をして再度自分で運転できるようにする。これは車の状態によっては、少し難しいことかもしれません。

新しく入れた部品と、古い部品は、性能が違うことが多く、入れる部品の種類によっては古い部品に負担がかかってしまい却って車の寿命が縮んでしまうこともあるようです。

修理の費用も部位によりますが、決して安いものではありません。見積もりを取った修理代の高さに泣く泣く愛車を手放す人も少なくありません。

次に廃車にしてしまうこと。これが最も一般的に行われている方法ですね。

諸般の費用(詳しくは次項にて)がかかるうえに、ローンを組んでいる場合は少し注意が必要です。車の名義人がローン会社になっていることがあるためです。

その場合、廃車にしたいと言う旨を先方に伝え、同意の文書をもらって廃車にしなければならず、手続きは煩雑なものになります。

値がつくかどうかは運転者の心構えと、業者側の担当者の判断によりますが、下取と買取に出すと言う方法もあります。

仮に「この車にはお値段はつけられません」と言う状態でも、引き取るだけはしてくれる業者も多いようです。

修理代や、廃車の手続きの費用を考えると、それだけでも負担が減って助かりますね。

仮に故障していたとしても、今まで自分と一緒に様々なところに行った愛車、1番よい形で後悔無く手放したいものですね。

廃車にかかる費用

事故車となった軽自動車を処分する方法として廃車を選んだ場合、どのような費用が掛かるのでしょうか。

わが国では、使用済み自動車の再資源化などに関する法律、通称リサイクル法によって、自動車を処分する際に出る環境汚染物質の拡散を防ぐための費用が掛かります。

軽自動車の場合は8000円程度だそうです。ただし、自動車購入時に既に支払っている場合、支払う必要はありませんのでご確認ください。

廃車にかかる費用は、その時の金属相場(「事故車は買取ってもらえない?」もご参照ください)や、車両の種類、状態によって違いますが、業者に引き取ってもらう際の輸送費が数千円~2万円程度かかるそうです。

自分で運転していけばここはただなのですが、故障している車でこれを行うのは難しいかと思います。

インターネットや電話帳などで、業者の連絡を見つけ、相談のうえでどのような形で引き渡すかを決めましょう。

金属のレートがよければ、資源として買い取ってもらえ、その代金の支払いを受けることができることもあります。

また、廃車にするのに必要な自動車登録抹消の手続きを行政書士等専門家に依頼するときには別途費用が掛かります。こちらも1万円程度が相場のようですね。

自分でする登録抹消自体の費用は350円です。軽自動車協会もしくは陸運局などに行けば登録抹消を受け付けてもらえます。

車検証やナンバープレートなどが必要なので、事前に準備をしてスムースに手続きをできるようにしたいものですね。

事故車とお金

読者諸兄および諸姉の中には、自動車ローンを組んで車両を買った方も多いでしょう。

軽自動車がいくら安くなったと言っても、一括払いをするには未だ高額の買い物だと言わざるをえません。

皆様、ローンのお支払いはお済みですか。多くの中古車買取店では、買取の条件にローンが完済されていることをあげています。

下取りなどでは、新しく車を購入し、ローンも残債を含めて新たに組むと言うことも可能ですが、買取の場合総て支払ってしまうか、今組んでいるローンの提供元に売却の許可を得る必要があります。

借金は早めに返すに越したことはございません。繰り上げ返済をするのもひとつの手です。

残債を一括で支払うためのローンもありますので利用してみるとよろしいかと存じます。

因みに、ローンと言うと、改正貸金業法に則って年収の3分の1以上の借入れを禁じる(義務があるのは業者で、上限を超えて借りたとしても罰せられることは無いのでご安心ください)総量規制が気になりますが、自動車ローンは、その対象から外れています。

しかし、以前より貸し渋りが進みローンの審査が厳しくなっているのは事実ですから、ご自分の借入額をいまいちどご確認のうえ、ローンをどうするか決めてください。

また、新しい車両に乗り換える場合は保険(「保険、何をつけていますか」も参照)の手続きもしなければいけません。

交通事故を起こしていたりすると、月々の支払い額が高くなる可能性が十二分にあるので注意なさってください。

スポンサーリンク


-事故と安全運転

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.