事故車買取業者比較&廃車手続きの費用と必要書類

廃車ラボを利用して廃車が売れる!評判 評価をまとめました

投稿日:

Pocket

廃車を売却する際、他社では買取できなかった車でも、廃車ラボでは高額買取が可能です。

一般的に廃車の引取費用は1万円〜2万円くらいかかるものですが、廃車ラボに依頼することで廃車の引き取り費用はかからず、買取の金額と還付金でプラスになるためムダな出費がかかりません。

面倒な書類関係もすべて廃車ラボが請け負ってくれるため、面倒な手続きをする必要がないところも高評価です。

廃車ラボの利用方法や、実際に利用した方の評価を詳しく解説します。

廃車ラボで買い取ってもらうとムダな出費がかからない

廃車ラボは、日本全国どこでも廃車の買取対応が可能で、放置車や不動車、さらにカギ無し車や事故車についても買取してくれます。

本来、廃車の手続きを行うには引き取り費用や解体費用といったものが必要で、およそ1万円から2万円ほどかかるのが一般的です。

しかし廃車ラボを利用することでそれらの費用が無料になるため、無駄な出費がありません。

そして忘れがちなのが、車を解体した際に発生するごみを処分するためにかかるリサイクル料金。車種によってリサイクル料金は異なりますが、軽自動車の場合はおよそ8千円かかります。

廃車ラボではリサイクルを無料で行ってくれるため、手出し費用で損をすることはありません。

廃車ラボで廃車手続きをすると還付金が戻ってくる

車は廃車手続きを行うと、自動車税や重量税、自賠責保険の還付金があります。

本来還付金は車の買取査定額に上乗せされ、還付金を含めたものが買取査定額とする業者もいますが、廃車ラボでは内訳をきちんと利用者に説明し、還付金が手元に戻ってきます。

スポンサーリンク


持ち込みでキャッシュバックが受けられる

廃車ラボでは廃車の引き取りも行ってくれますが、持ち込みすることでキャッシュバックが受けられます。

排気量によってキャッシュバックの金額は異なり、軽自動車を含む1500ccの場合、キャッシュバック料金は3,000円です。

1501ccから2000ccの場合は5,000円、2001cc以上は10,000円と設定されているため、買取金だけでなくキャッシュバックも受けたい方は、持ち込みも検討してください。

 

廃車ラボの買取手順

廃車ラボは無駄な費用をかけずに車を売却できるため、利用者にとっては非常にメリットが大きいです。

廃車ラボの買取手順は

・問い合わせ
・査定日の調整
・車の査定

上記の3ステップで完結することができます。

廃車ラボの買取手順をそれぞれ確認していきましょう。

メールもしくは電話で問い合わせをする

廃車ラボで廃車を売却するには、まずメールもしくは電話で問い合わせをして、売却する車の車種や年式、そして走行距離と車検期間を伝えてください。

電話での問い合わせは、年中無休で朝10時から夜20時まで行っています。

メールで問い合わせる場合は、公式サイトの下部にあるご依頼フォームを利用してください。

◎参考:廃車ラボ公式ホームページ お問い合わせ・ご依頼フォーム
http://haisha-labo.com/request.html

日程の確認を行う

問い合わせをしたら廃車ラボと車の引き取りを行う日程や時間帯を決めますが、指定できるのは3営業日以降です。

状況にもよりますが、利用者にとって都合が良いタイミングに日程や時間帯を調整してもらえます。

必要書類を提出する

廃車ラボで車を売却するにあたって

必要書類は普通自動車の場合
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証
・印鑑証明書
・委任状
・譲渡証明書
・リサイクル券
・免許証等の身分証明書コピー
・実印

といったものが必要です。

軽自動車の場合は普通自動車と少し異なります

・自動車検査証’(車検証)
・自賠責保険証
・申請依頼書
・リサイクル券
・免許証等の身分証明書コピー
・認印

上記書類を用意してください。

査定額に納得できれば成約

設定した日時に、査定を行います。30分程度時間を要し、納得したら成約です。
その後、廃車登録や解体等を廃車ラボが行い、登録住所に完了書類が届きます。

 

廃車ラボの評価と買取事例

実際に廃車ラボを利用した方からは、

・事故車でも買い取ってもらえた
・買取対応が早くて助かった
・廃車の手続きを全部任せることができた

などの感想が上がっており、概ね高評価です。

廃車ラボの評価と、買取事例をそれぞれ確認していきましょう。

廃車ラボの評価

事故車でも買い取ってもらえた

廃車を売却する際、業者によっては買取をしてくれないことも多々あります。

廃車ラボでは他社で買値がつかなかった車でも買取が実現しており、自走不能車や事故車といった状態が良くない車でも買取可能です。

廃車ラボで買取された車は、中古車として販売されたり輸出車として利用されます。

また、パーツとして売りに出されたり鉄アルミ等の素材として活用されるため、他社で買い取ってもらえなかった場合でも、廃車ラボで買取してもらえる可能性は非常に高いです。

対応が早いので助かった

廃車ラボは対応が早い点も魅力で、売却を希望する人が直近で査定を希望する日に合わせてくれるという点も高い評価を得ています。

ネットから申し込みをすると、その日のうちに連絡が入り予定日を決めることができます。早急に廃車の処理をしたい場合にとても助かるサービスです。

廃車手続きを全て任せたい

車を廃車にするには、さまざまな手続きを行う必要があり作業も多いです。

さまざまな書類を用意し、運輸支局に提出する作業は面倒ですが、廃車ラボではこれらを全て一任してくれます。

場合によっては、廃車手続きを依頼すると手数料が数万円かかることもあるため、無駄な出費にもなりかねません。

しかし、廃車ラボでは手続きを代わりに行ってくれるだけでなく、無料で請け負ってくれます。

そのため廃車手続きをすべて業者に任せたい場合は、廃車ラボを利用した方がお得です。

廃車ラボの買取事例

三菱パジェロミニの買取事例

廃車ラボでは他社で買取を断られた車でも高価買取を実現できます。

例えば過去の事例から、三菱の人気軽自動車パジェロミニの買取金額を調査すると、平成8年式で走行距離は10万キロの車が、18,170円にて売却されており、口コミでも高評価です。

他社では買値がつかないほどの車でも、廃車ラボではきちんと買い取ってくれるためただ廃車にするのではなく一度相談してください。

部位として売られたり、中古車として販売されたりと、廃車ラボが全国に持っているパイプを活かし買取を実現してくれます。

ダイハツタントの買取事例

国内でもトップクラスのシェア率を誇るダイハツの人気軽自動車タントも、廃車ラボでは高値で売却可能です。

走行は可能ですがキズがあり、また年式も古いため他社では買取不可とされたものでも、廃車ラボでは問題なく買い取ってくれます。

売却した車の所有者も、0円で妥協しようと考えていたところ、廃車ラボに依頼すると高額買取が実現したと喜びの声を挙げており高評価です。

廃車引取は無料で行い、各種登録手続きも廃車ラボが無料で引き受けています。

最終的に他社で売却不可であったダイハツのタントが、車体価格にプラスして重量税還付金、自賠責保険還付金を含め、買取金額が合計20,000円です。

名義変更も廃車ラボが無料で請け負ってくれるため、利用者は手間もかからずお金を手にすることができます。

他社で金額のつかなかったものでも、廃車ラボに依頼し査定をしてもらうと、高値で取り引きできる可能性は極めて高いです。

 

廃車ラボの評価や利用方法まとめ

廃車ラボの特徴や使い方、評価を詳しく解説してきました。

・全国に対応しており廃車手続きも無料で請け負ってくれる
・自走できない車でも買い取ってくれる実績がある
・口コミでも買取金額が高いなど高評価

廃車ラボは他社よりも廃車を高価買取してくれる業者で、金額がつかない車でも買い取ってくれます。

申込から廃車買取の日程まで短い期間で対応してくれるため、早く廃車を手放すことが可能です。

また、面倒な書類の手続きもすべて廃車ラボが対応してくれるため、こちらで対応することはありません。

車の買取金額にくわえて還付金もプラスされますので、廃車の処分に困っている場合は廃車ラボを利用するのがベストです。

スポンサーリンク


-事故車買取業者比較&廃車手続きの費用と必要書類

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved.