事故車買取業者比較&廃車手続きの費用と必要書類

廃車本舗で廃車を売る!必要書類や買取までの流れを解説

更新日:

Pocket

車体が激しく損傷している車や、自走できないものは買取不可とする業者が多いなか、廃車本舗では買取してもらうことが可能です。

申し込みから引取まで、2〜3日で対応完了するので早く廃車の処分をすることができます。

車検証や自賠責保険の証明書など必要書類をそろえて提出し、査定額に納得をすれば売却も完了です。手続きも簡単なので初めて車を売る人でも安心と口コミ評価も高いサービスです。

廃車本舗で廃車を売る際に必要となる書類や、買取までの流れを解説していきます。

・必要書類や買取の流れとは!廃車本舗で廃車を売る際の方法を紹介

廃車本舗の大きなメリットは、手続きの簡単さとそのスピード。
廃車本舗で廃車を売る際の流れや、必要な書類を詳しく見ていきましょう。

・廃車本舗で廃車を売る流れ

廃車本舗で車を売却する際は

1:無料査定 or 電話問い合わせ
2:査定金額の回答
3:廃車引き取り

この3ステップが廃車を売る流れになります。

廃車本舗で車を売却する際の3ステップについてそれぞれ詳しく解説します。

・1:無料査定 or 電話問い合わせ

廃車本舗の公式ホームページに、無料査定の問い合わせフォームと電話番号があります。
廃車本舗:https://haisyahonpo.jp/

まずはじめに廃車本舗の公式ホームページから、無料査定または電話にて連絡を入れましょう。

問い合わせフォームでは、

・メーカー
・車種
・状態(稼働車、長期放置、事故車など)
・名前
・電話番号
・都道府県

上記を入力するだけ。名前と電話番号以外は選択式のため入力も簡単です。
電話で問い合わせを行う場合も、上記の質問項目の答えをあらかじめ準備しておきましょう。

・査定金額の回答

廃車本舗に問い合わせを行うと、連絡を入れた当日もしくは翌営業日には折り返しがあり査定金額の回答があります。

査定された金額に納得ができれば、廃車本舗から成約内容に関する確認書類が郵送にて送られてきます。

契約書を作成するうえでは車検証が必要です。必ず廃車本舗にFAXもしくはメールで送信してください。

確認書類が届いたら、必要書類を準備し廃車本舗から送られてくるレターパックに入れてポストへ投函します。

・廃車の引き取り

廃車本舗が送られてきた書類を確認し、不備等がなければ売却する車の引き取り日時の確認がきます。都合の良い日を伝えてください。

レッカー車で引き取りに来る場合は、廃車本舗のスタッフから前面道路や侵入経路の確認が入るため、答えられるようにしておきましょう。

車の引き取りが完了すると、2営業日もしくは3営業日以内に銀行口座に買取金額が振込されます。

廃車の手続きが完了すると、廃車本舗から

・登録識別情報等通知書
・自動車検査証返納証明書

のコピーが郵送で届き、すべての手続き終了です。

・手続きに必要な書類

廃車本舗で手続きを行う上で必要な書類は、普通車や大型車、軽自動車によって異なります。

普通車や大型車の場合に必要な書類は

・車検証
・自賠責保険証明書
・自賠責承認請求書
・譲渡証明書
・委任状
・リサイクル券
・印鑑証明書
・実印
・身分証明書

を準備する必要があります。

印鑑証明書に関しては3か月以内のものでなければ受付できないため注意してください。

軽自動車を廃車買取する場合は

・車検証
・自賠責保険証明書
・自賠責承認請求書
・申請依頼書
・リサイクル券
・身分証明書
・認印

が必要で、普通車や大型車を廃車買取するときと準備物の違いがあるため確認しておきましょう。

書類を準備するときは、車検証の所有者と申請依頼書の名前と住所が同じことを確認してください。

場合によっては、車検証の所有者がディーラーや信販会社の可能性もあります。

その際は、所有者から軽自動車所有者承諾書と申請依頼書を請求して添付が必要です。

万が一リサイクル券を紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムにて領託状況を確認してください。

その際、リサイクル券の再発行をする必要はありません。

自賠責保険を紛失した場合は加入している保険会社へ、車検証を紛失した場合は管轄している陸運局に問い合わせを行い、再発行手続きをしてください。

・廃車本舗が支持される理由

廃車本舗では、廃車手続きを行う上で面倒な作業を代行してくれるため、初めて車の売却をする人でも安心して利用できるサポート体制が整っています。

廃車を売却するために必要となる書類の書き方や準備方法についても、廃車本舗のスタッフが丁寧に説明してくれるため安心です。

専門スタッフがはじめから最後まで、一貫してサポートしてくれることで、スムーズな売却を実現しています。

・高価買取を実現

廃車本舗では24時間体制での受付は行っていません。

人件費を削減した分はユーザーに還元できるため、あえて受付時間を設ける事で高価買取を実現しています。

さらに廃車本舗では海外の輸出事業と連携しており、直接の販売経路を持つことでコストを抑える事に成功しているため、より高い金額での買取が可能です。

そのため、ほかの業者で買取価格がつかなかった車でも廃車本舗では買値がつくこともあります。

・手続きを無料で代行してくれる

廃車を売る際に問題となるのが、レッカー車を使う事で発生する費用。

車は廃車にするだけでもお金が必要ですが、廃車本舗ではそれらの費用はすべて負担してくれるため、無駄な出費は一切ありません。

費用がかからず売却する車にも高値が付く点は、廃車本舗が高い評判を獲得している理由です。

・事故車や古い車でも買取が可能

本来、車の売却を行う際は事故車や損傷が激しいもの、エンジンすらかからないといった状況の場合、買値が付かないケースが目立ちます。

しかし廃車本舗では、他社で買取不可となる車でも高価買取を行っている実績があるため、諦めずに問い合わせる事が大切です。

過去には10年以上前の車種で、走行距離が10万キロを超えているものでも高価買取をしています。

・廃車本舗の口コミや注意点

廃車本舗を実際に利用した方からは、廃車の手配がすばやく安心できたという声が上がっている反面、買取ができない車もあるという口コミも寄せられています。

廃車本舗の口コミから、注意点をあわせて見ていきましょう。

・廃車の手配が早く丁寧な対応

廃車手続きをするうえで、スムーズに手続きが進まなければストレスに感じてしまいます。

廃車本舗のメリットと言える部分が、廃車の手配が早く丁寧な対応をしてくれる点。

現在、廃車業者の数は非常に増えていますが、他の業者に比べて対応が早くスタッフの印象も良いという口コミが目立ち、初めての廃車手続きも迷わずに進められたという声を多く見ることができます。

・買取ができない車もある

基本的に廃車本舗では事故車や動かなくなった車、年式の古いものでも買取を行っています。
しかし、廃車本舗でも買取ができない車もあるという口コミが見られました。

極めて稀なケースとして公式ホームページでも紹介されていますが

・エンジンや各部の部品を自身で取り外している場合
・炎上してしまった車や消火剤を散布されている場合
・浸水した車
・法律的に問題があると廃車本舗が判断した車

に関しては、買取を受け付けてもらえないことがあります。

また、車検証を紛失している場合は再発行をしてからでなければ買取は不可となるため注意しておきましょう。

・廃車本舗の査定事例

廃車本舗では、本来値段をつけることが難しい状態の車でも買取を行ってくれます。

車種や年式といったさまざまな条件で買取価格は変動するため、事前に見積もりを出すことが大切です。

過去の買取事例として、

ダイハツタント 2004年式 14万キロ走行 24,050円買取
ダイハツムーヴ 1998年式 20万キロ走行 6,665円買取

上記の用な買取事例があります。
ふだんなら査定額がつかないような車でも、買い取ってもらうことができます。
諦めて廃車手続きを行うのではなく一度、廃車本舗に一度相談してみましょう。

さらに、車の前部分がひどく破損し、売却することが難しそうな印象をもつ車両でも36,000円程で買い取っている実績などもあります。

買取価格の査定は無料で行えるため、公式ホームページにアクセスし確認しましょう。

・廃車本舗が向いている方

廃車本舗は全ての車を買い取ってくれるわけではありませんが、見積もり査定に出すとほとんどの車に金額が付き売却可能です。

廃車本舗はスピーディーな対応にも定評があるため、早く愛車を売却したいと考えている人に向いているサービスです。

契約書をFAXで送信すると、2日から3日以内には引き取ってもらうことができます。

基本的に廃車本舗では持ち込みによる買取は実施していませんが

・京都府
・滋賀県
・北海道

では、場所により持ち込みで売却することも可能です。
住んでいる地域によってはよりスムーズに売却できる可能性もあります。

レッカー代などの費用を削減したい方も、廃車本舗で売却すると無料で引き取りをしてくれるためおすすめです。

査定額が良くても他で費用がかかってしまえば利益が少なくなる場合も考えられます。

廃車にする費用の削減だけでなく、売却にかかる費用も抑えられる点は、廃車本舗の大きな魅力です。

・廃車本舗で廃車を売る際の必要書類や流れを解説まとめ

廃車本舗で廃車を売る際は、車検証や自賠責保険証明書、譲渡証明書といった書類を用意して手続きを進めてください。

・損傷の激しい車でも値がついて売ることが可能
・専門のスタッフが申し込み時から売却が完了するまで一貫してサポートを行う
・売却するうえで必要なレッカー代といった諸費用はすべて廃車本舗が負担

無駄な出費を抑えつつ、本来買取も難しい状態の車でも廃車本舗では売却できます。

申し込みから引取まで、2日から3日とスピーディーな対応をしてくれるのも特徴です。

事故車や不動車の廃車を検討しているのなら、廃車手続きを行う前に一度廃車本舗の無料査定に申し込みを行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク


-事故車買取業者比較&廃車手続きの費用と必要書類

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved.