no
Pocket

みちのく銀?の提供する自動車ローンは資金用途が多彩

[本文] みちのく銀行の提供する自動車ローンを利用できるのは?
みちのく銀行は「みちのく銀行自動車ローン」という名称で、新車や中古車などの購入代金のためのローンを提供しています。みちのく銀行の営業店の営業区域内に居住または勤務している人で、申込時に満20歳以上で、最終返済時年齢が満75歳以下であることが条件です。上限年齢が高めに設定してあるのが特徴です。他の地方銀行に比較しても年齢条件が幅広く設定しています。高齢者の場合には年金収入であることもあるので、銀行の担当者と相談してみましょう。安定した収入がある場合のみ利用可能で、パートやアルバイトは対象外です。金利は低めに設定されていますが、会社・企業などの社員または個人事業主、公務員など安定した職業に就いている必要があります。

資金用途が多彩
みちのく銀行が提供する自動車ローンは、自動車の購入や修理、車検費用、運転免許の取得で利用できるだけでなく、自家用車に関するものであれば自由に使えることが特長です。車庫の新築や改築でも利用可能ですし、除雪機やスノーモービルの費用としても利用できます。オートバーやキャンピングカーの購入、カーオーディオやカーナビの設置、水上バイクの購入でも利用できます。条件次第で金利の引き下げがあるみちのく銀行の自動車ローンでは、給与振込口座として利用している場合や、年金の振込口座として指定している場合には0.5%の金利の引き下げがあります。また、みちのく銀行で住宅ローンを利用しているときには、0.3%の引き下げあり、みちのくカードローンを契約していると同様に0.3%の金利の引き下げがあります。ただし、こういった条件による金利引き下げは最大で1%までとなっており、たとえば給与振込口座指定で0.5%、住宅ローン利用で0.3%、カードローンの契約で0.3%になるので合計は1.1%になりますが、この場合は上限の1%までの引き下げになります。他の地方銀行の自動車ローンに比較しても引き下げ項目が多いのが特徴です。公共料金の引き落とし口座指定でも金利が下がるので、自動車ローンの金利優遇を受ける目的で、他の銀行から移すのも考慮していいでしょう。

金利は変動金利のみ
みちのく銀行の自動車ローンの金利は変動金利のみで、固定金利での利用はできません。毎年4月1日と10月1日の短期プライムレートに連動する金利を基準として年2回の見直しを行うことになっています。見直し後の金利はそれぞれ、6月と12月の約定返済日の翌日から適用されます。