no
Pocket

自動車ローン代わりにも利用できる紀陽銀行ローン(目的プラン)

[本文] 自動車の購入に使える紀陽銀行のローン
紀陽銀行には「自動車ローン」という名のローンはありませんが、マイカーの購入にも利用できる「紀陽銀行ローン(目的プラン)」というローンがあります。マイカーのほかにも、住宅のリフォーム、教育、結婚など、使い道が定まっている資金の場合、その契約書や見積書を提出することで融資が受けられます。他社で利用中のローンの借り換えにも利用できますが、個人間の売買や借り換えには利用できません。利用条件はいくつかあります。まず、申し込み時と契約時に満20歳以上満65歳未満であり、紀陽銀行の営業エリア内にお住まいか勤務先の住所があることです。また、安定かつ継続した収入があることも条件です。ただし、配偶者の収入がそれに当てはまれば、専業主婦、パート、アルバイトの方でも30万円以内で利用できます。それと、銀行が選定する保証会社の審査によって、保証が得られることも条件です。

融資金額と期間等
紀陽銀行ローン(目的プラン)では、資金の利用目的によって借入できる金額が違います。マイカーの購入、教育資金、リフォームの資金(太陽光発電設備の設置費用も含む)であれば、10万以上、最大1000万円まで1万円単位で融資を受けられます。それ以外の目的では500万円が上限金額です。融資期間は、借入額が300万円超であれば、6カ月から最長10年までです。借入額が300万円以下であれば最長で7年が融資期間となります。つまり、マイカー購入なら、最大1000万円を10年かけて返済することができるので、無理のない返済プランが立てられるでしょう。なお、融資利率は変動金利型で年2.4~2.9%です。融資利率は審査によって決定されます。

契約までの手順
紀陽銀行ローンはインターネットでいつでも仮審査を申し込むことができます。紀陽銀行のホームページに仮審査フォームがあるので、そこに必要事項を記入して送信してください。申し込み内容を確認した後、紀陽銀行から自宅または勤務先に内容照会の電話がある場合もあります。仮審査の結果は電話で行われます。正式に契約することが決まれば、必要書類を持ってローンを申し込む本人が来店し、正式な申込書に記入します。必要書類は、運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれか本人確認用の資料として1点と、借入額が100万円を超える場合は、源泉徴収票や住民税課税証明書など所得が証明できる書類も必要です。また、マイカーの購入ならば、そのことを証明する見積書を一緒に提出します。内容を確認して問題がなければ、ローンが実行されます。