マイカーリースとカーシェアリング業者比較

コスモ石油スマートビーグルでカーリース!利用方法や料金プランを解説

更新日:

Pocket

数あるカーリースの中でも、格安料金プランを実現しているカーリースサービスといえば、コスモ石油スマートビーグル。頭金0円でボーナス払いも必要ありません。

全国のサービスステーションに展開しているコスモ石油だからこその割引プランを利用することができます。

利用者はコスモ石油で1リットル5円のガソリン割引を受けることができ、月間で100リットルまで割引可能と給油時もコスパに優れているサービスです。

コスモ石油が提供するスマートビーグルでカーリースした場合の利用方法や、利用料金について詳しく解説します。

コスモ石油スマートビーグルの利用方法や料金プラン

コスモ石油スマートビーグルとは、ガソリンスタンドでお馴染みのコスモ石油が提供しているカーリースプランです。

頭金0円、ボーナス払いなしで新車を購入することができます。

また、月々定額リースプランで発生する費用の中には、自動車税や重量税などの車に関する費用が全て含まれており、ガソリン代以外の費用を払う必要がありません。

コスモ石油が提供しているサービスだからこそ、全国展開しているガソリンスタンドで利用可能なガソリン割引プランなども利用可能になります。

月々格安の定額料金に加え、ガソリン代も安くなる。まさに一石二鳥のカーリースプランではないでしょうか。数あるカーリースの中でもトップクラスの実績とサービス満足度を備えています。

コスモ石油スマートビーグルの特徴

コスモ石油スマートビーグルとその他のカーリースを比べてみると、リース期間について劣る部分がありますが、

  • ガソリンスタンドで割引サービスを受けられる
  • クーポンや国家資格を持つ整備士が車メンテナンスをしてくれる

などの特徴をコスモ石油スマートビーグルは備えています。

その他にも、ゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックの3つのプランから選べる契約プランにはそれぞれのパックによって付帯する特典が異なり、利用者の条件に合ったプランを選ぶことができます。

ホワイトパック 車両代金と登録時の諸費用、期間中の自動車税のみしか含まれないシンプルなプラン。オイル交換などの消耗品交換、車検整備料金、継続車検時に必要な自賠責保険や重量税など含まれないため、リース料金を最優先したい人向け(コスモザカードで給油時のガソリン割引が1Lあたり1円引きの特典付き)
シルバーパック ホワイトプランに期間中の自賠責保険や重量税、車検整備料金、定期点検料金、オイル交換など通常クルマを維持するために必要な費用を含めたプランです。(コスモザカードで給油時のガソリン割引は1Lあたり3円引きの特典付き)
ゴールドパック シルバープランにタイヤ交換、バッテリー交換、ワイパーゴム交換等各種消耗品の交換に延長保証とロードメンテナンスが付いた乗りっぱなし可能な手厚いプラン。(コスモザカードで給油時のガソリン割引は1Lあたり5円引きの特典付き。)

 

コスモ石油スマートビーグルの利用方法

コスモ石油スマートビーグルの利用方法について紹介します。
以下の手順で申し込みを進めましょう。

スポンサーリンク


1:お試し見積もり

WEBサイト上で、車種やリース契約についての細かい契約条件について設定します。
設定が終わりましたら、見積額を確認できるので一度目を通しましょう。

2:申し込みと審査

見積りの確認が終わった後は、そのまま申し込み手続きを行います。

申し込み手続きを行う際には、申込内容に基づいて審査が実施されるので、「コスモスマートビーグル窓口」から審査結果が届くのを待ちましょう。審査結果メールがご自身の携帯に届くまでにの期間の目安は約1〜2日前後になります。

3:カーライフコンシェルジュから連絡が入る

審査結果の確定後、「カーライフコンシェルジュ」から連絡が入ります。

申込内容と実施に要望した内容が間違っていないのかを一度確認しましょう。(コスモ石油スマートビーグルでは途中解約をした場合に、違約金がは発生します。)

カーライフコンシェルジュが手続きのサポートをしてくれますので、わからないことがあればなんでも聞きましょう。

※カーライフコンシェルジュとは、車やカーリースの情報について幅広い知識を備えたコスモスマートビーグルの専任スタッフ。

4:契約の手続き

カーライフコンシェルジュとの申し込み手続きが完了した後は、最終的に契約内容を元に契約書が作成され、郵便で送られてきます。

送られてきた書類を確認した後に、署名・捺印を押して返送します。

契約書がコスモスマートビーグルに届いた後に自動車販売店が車を発注しますので、なるべく早い内に書類を返送しましょう。

5:車両登録・納車

カーライフコンシェルジュかtら納車までの手続きの説明が納車前にあります。

説明が終了しましたら、提携カーディーラーから車両登録に関する書類(車庫証明など)が一式家に届きます。届いた後は、必要書類を備えた上で(ご本人確認書類)を備えた上でディーラーに再提出します。

車両登録が完了した後はいよいよ希望日時をディーラースタッフと調整し、カーリースされる車が納車されるのを待ちます。

 

コスモ石油スマートビーグルの料金プランについて

コスモ石油スマートビーグルの料金プランについて紹介します。

車種やペナルティが発生する場合によって毎月支払う料金が異なります。一つ一つ確認しながら読み進めていきましょう。

車種によっての目安金額

コスモ石油スマートビーグルのリース料金は「残高設定方式」で月々の金額を計算しています。

また、リース車として選ぶ車種によっても金額が異なりますので注意しましょう。コスモ石油スマートビーグルでリース車としてリース可能な車種は8種類のメーカーがあります。目安金額を参考にした上で、どの車種にするのか決めていきましょう。 

トヨタ アクア:40,176円~

プリウス:50,220円~

C-HR:52,056円~

ヴォクシー:52,596円~

クラウンアスリート:75,276円

86:53,460円~

日産 デイズ:30,132円~

セレナ:53,028円~

ジューク:43,200円~

エルグランド:67,608円~

フーガ:85,860円~

GT-R:170,532円~

ホンダ N‐BOX:29,808円~

フィット:38,340円~

フリード:45,468円~

ヴェゼル:42,660円~

ステップワゴン:50,436円~

オデッセイ:65,340円~

マツダ CX-8:68,580円~

CX-3:50,868円~

デミオ:38,016円~

ロードスター:53,676円~

フレア:30,564円~

アクセラセダン:43,848円~

スバル XV:47,412円~

フォレスター:50,436円~

レヴォーグ:57,996円~

レガシィB4:67,176円~

BRZ:52,164円~

ステラ:28,512円~

三菱 eKワゴン:28,404円~

デリカD5:53,352円~

RVR:47,520円~

パジェロ:58,860円~

アウトランダー:55,080円~

エクリプスクロス:55,944円~

スズキ ハスラー:26,784円~

ワゴンR:28,080円~

スペーシア:30,564円~

スイフトスポーツ:44,172円~

イグニス:37,584円~

エスクード:51,948円~

ダイハツ タント:29,592円~

ムーヴ:28,512円~

コペン:36,072円~

ウェイク:31,752円~

ミラココア:30,024円~

アルティス:71,820円~

ペナルティ

コスモ石油スマートビーグルでは以下の条件を超えた場合にペナルティとして料金が追加されます。

・距離制限
・原状回復

距離制限については、契約前に年間の走行距離について担当スタッフと話し合いながら距離数を設定していきます。

リース契約終了時に設定した走行距離よりも多くの距離数を走行してしまった場合は、車の価値が下がったと判断され、違約金が発生してしまいます。
※違約金による超過走行料金は「1kmにつき約15円」発生します。

次に車を元の状態に戻すために行われる現状回復は、車返却時に車を元の状態に戻さなければ違約金が発生することになってしまいます。

契約が終了し、リース車をコスモ石油に戻す場合には、最低でも室内清掃だけでも行うことが大切です。気をつけましょう。

 

コスモ石油スマートビーグルを利用するメリットについて

コスモ石油スマートビーグルのを利用するメリットについて解説します。

コスモ石油スマートビーグルを利用する前にどのようなメリットがあるのでしょうか。
一つ一つ確認しておきましょう。

メリット1:最短2週間で納車可能な即納リース

コスモ石油スマートビーグルは全国にあるサービスステーションと連携して新車情報を一括管理しています。

新車情報を一括管理することで、契約から納車までにかかる期間を限りなく減らし、最短2週間以内で納車が可能なリースプランを実現しました。

在庫情報は日々変動するものなので、契約手続きをしている最中であっても自分の欲しい車がう売り切れてしまう可能性も十分にあります。全ての車が2週間以内に納車できる訳ではないことを理解してください。

また、人気グレードや人気カラーによっては納期までにかかる時間が遅くなってしまうことも十分に考えられます。

メリット2:全メーカーの中から自分の好きな車を選べる

コスモ石油スマートビーグルでは全メーカー車種の中から自分の好きな車を選べます。

例えばトヨタのハリアーやマツダのCX-5をリースしたい方でも対応可能です。今話題の注目車種に乗れるチャンスでもありますね。

コスモ石油スマートビーグルで選べる車種は、全国納車が可能な車両であることが一つの条件になります。

メリット3:24時間対応のコールサポートセンター

コスモ石油スマートビーグルでは、万が一の事故や車のことでわからないことを聞きたい時に、24時間体制で対応可能なサポートセンターを設けています。

早朝や深夜にしか電話をかける余裕がない場合や、万が一の事故があった場合でも冷静に対応することができます。

メリット4:頭金・初期費用が一切かからない

コスモ石油スマートビーグルのリース契約では、頭金と初期費用が一切かかりません。

頭金0円の状態で車を運転することができます。(頭金を支払うことも可能です。)月額料金をリース料金だけでまかなえるのはお財布に優しいサービスです。

メリット5:ガソリン割引がもらえるお得なサービスが実施される

コスモ石油スマートビーグルでは、1Lあたり最大5円引きになるガソリン割引サービスを実施しています。

指定されたカードを使いコスモ石油で給油することが条件で、月額100Lまで給油可能です。

 

コスモ石油スマートビーグルの3つのデメリット

コスモ石油スマートビーグルのメリットについて見てきましたが、デメリットも存在します。

コスモ石油のカーリースサービスのメリット、デメリットを理解した上で実際にリースサービスを利用するのか決めていきましょう。

デメリット1:車がもらえる訳ではない

コスモ石油スマートビーグルはリース契約のみのなりますので、最終的に車を返さなければいけません。

最近では、リースした車をそのまま自分の車にできるサービスプランが普及していますがコスモ石油では車を手に入れることはできません。

5年、7年で車の乗り換えを検討している方におすすめするリースプランになります。
車が自分のものにはならないことを覚えておきましょう。

デメリット2:車のメンテナンスはコスモ石油のみ

コスモ石油スマートビーグルでは、国家資格を持った整備士があなたの車をメンナンスしてくれるというメリットがありますが、コスモ石油以外で車のメンテナンスを受けられないというデメリットもあります。

家の近くにコスモ石油があるからならまだしも、コスモ石油が家から数キロ離れている方にとっては不便に感じることになるかもしれません。

メンテナンスを受けられる場所が限定されることはデメリットにもなってしまいます。

デメリット3:違約金なしで途中解約できない

コスモ石油スマートビーグルでは基本的に途中解約ができません。

止むを得ない事情が発生した場合でも、リース契約を続けなければいけないのはデメリットです。

どうしても途中解約を行いたい方は解約時の精算に高額な違約金が発生してしまいます。途中解約をしないためにも、契約前にリース情報を確認し、事前確認に時間をかけましょう。

 

・コスモ石油スマートビーグルのカーリース情報まとめ

コスモ石油スマートビーグルのカーリース情報や利用方法、料金プランについて解説してきました。

・全メーカーの中から自分の好きな車種を選ぶことができる
・リース契約になるため、最終的に車が自分のものになる訳ではない
・全国のコスモ石油で、割引料金で給油することができる
・途中解約をした場合には、違約金が発生する

コスモ石油スマートビーグルは頭金0円で、ボーナス払いも不要。

車にかかる費用を最低限に抑えることができるほか、コスモ石油で通常価格よりも安い価格でガソリンを給油することができます。

家の近所にコスモ石油がない場合はメリットがあまりありませんが、コスモ石油の利用が多い場合はスマートビーグルを利用することで最大限のメリットを受けることが可能です。

スポンサーリンク


-マイカーリースとカーシェアリング業者比較

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved.