自動車ローンの金利と審査 オートローン

住信SBIネット銀行の自動車ローン 金利計算シミュレーションと審査落ち

更新日:

Pocket

住信SBIネット銀行自動車ローンの商品スペック

金利の低いローンを多数展開している住信SBIネット銀行は自動車ローンも非常に低い金利で融資を行っています。

まずは、住信SBIネット銀行自動車ローンの商品概要を確認しておきましょう。

商品名 自動車ローン
申込条件 20歳以上70歳未満の安定収入のある人
金利 1.775%~3.975%
融資金額 10万円〜1,000万円
返済期間 1年〜10年
保証会社 ジャックス
事務手数料 融資金額の2%

なお、住信SBIネット銀行の自動車ローンは住信SBIネット銀行との取引状況によって以下のように金利が優遇されます。

 

1.0%金利優遇 住信SBIネット銀行住宅ローンが契約済
0.5%金利優遇 住信SBIネット銀行カードローンが契約済

基準金利は2.775%~3.975%で、住信SBIネット銀行で住宅ローンを利用している人はマイナス1.0%、カードローンを利用している人はマイナス0.5%の金利優遇を基準金利から受けることができます。

最優遇金利の1.775%が適用される人は住信SBIネット銀行で住宅ローンを利用している人だけという点に注意しましょう。

住信SBIネット銀行と住宅ローンやカードローンの取引がない人は2.775%~3.975%の範囲でしか借りることができません。

 

住信SBIネット銀行自動車ローンの特徴

住信SBIネット銀行自動車ローンには、他の銀行の自動車ローンと比較して以下の8つの特徴があります。

  • 金利が低い
  • 手数料に注意
  • 条件を満たせば金利優遇
  • 繰り上げ返済手数料無料
  • 使い道の幅が広い
  • 車を決める前でも仮審査可能
  • 100万円まで収入証明書が不要
  • 融資金は支払先へ直接振込

金利が低いことの他にも、返済のしやすさや契約手続きの簡素さが大きな特徴です。

住信SBIネット銀行の特徴について詳しく解説していきます。

金利が低い

住信SBIネット銀行自動車ローンは金利が低いのが特徴です。

同じくネット銀行であるイオン銀行の自動車ローンの最優遇金利が3.8%ですので、住信SBIネット銀行の自動車ローンは金利優遇なしでも、イオン銀行よりも低い金利で借りることができます。

スポンサーリンク


手数料に注意

住信SBIネット銀行の自動車ローンは金利が低いですが、別途借入時に借入金額の2%に相当する手数料が必要です。

例えば300万円を借りた場合には手数料だけで6万円もの費用が必要になってしまいます。

金利1.775%で300万円を期間5年で借りた場合の借入初年度の利息負担額は48,548円です。

つまり、借入初年度は手数料の方が利息負担よりも大きくなってしまいます。

借入期間が短い場合には、手数料なしの金利が高いローンを借りた方がトータルのコスト負担は低い可能性もあります。

住信SBIネット銀行の自動車ローンを他の銀行と比較する際には、住信SBIネット銀行自動車ローン借入時に発生する手数料も加味して比較をするようにしましょう。

条件を満たせば金利優遇

前述したように、住信SBIネット銀行で住宅ローンやカードローンの借入がある人は金利を1.0%もしくは0.5%優遇されます。

住信SBIネット銀行で借入がある人は自動車購入資金も住信SBIで借りると低利で融資を受けることができます。

繰り上げ返済手数料無料

住信SBIネット銀行自動車ローンは1円から手数料無料で繰上返済をすることができます。

手数料がかからないので、家計に余裕がある時などは1,000円でも10,000円でも繰り上げ返済をすることができます。

ローンの返済を早めるコツは「繰り上げ返済をいかにこまめに行うか」ということだと言われています。

住信SBIネット銀行自動車ローンであれば1円単位から繰り上げ返済をすることができるので、完済までの道が近くなります。

使い道の幅が広い

住信SBIネット銀行自動車ローンは使い道の幅が広いのも特徴です。
自動車関連の資金で見積もりが出るものであれば何にでも使用することができるので

  • 自動車購入
  • 修理
  • 免許取得
  • 他社の自動車ローンの借り換え
  • 自動車付属機器

など自動車関連のありとあらゆることに利用することができます。

ただし、見積もりの出ない個人取引やネットオークションなどに使用するお金を借りることはできません。

車を決める前でも仮審査可能

住信SBIネット銀行の自動車ローンは車を決める前でも仮審査を受けることが可能です。

ほとんどの自動車ローンは車を決めて見積もりを取ってからでないと審査を受けることができません。

しかし、見積もりを取った後に審査に落ちてしまったら、自動車屋さんに対して気まずい思いをすることもあります。

住信SBIネット銀行の自動車ローンは車を決める前に借入可能額を知ることができるので、自分の身の丈にあった自動車を探すにも役立ちます。

実際に借りなくても「自分はいくらのローンを組むことができるのだろう」という程度の気持ちで利用するのもよいでしょう。

100万円まで収入証明書が不要

住信SBIネット銀行自動車ローンは100万円まで収入証明書が不要です。
銀行各社の自動車ローンは収入証明書が必須になる場合が一般的です。

住信SBIネット銀行は100万円以下であれば、収入証明書を用意する必要がありませんので、修理代や車検代くらいであれば、運転免許証と見積書だけで簡単に借りることができます。

融資金は支払先へ直接振込

融資金は支払先へ直接振込が行われます。自分で自動車屋さんに振り込む手間がないので支払手続が簡略化できます。

また、自分で振り込むタイプの自動車ローンは振込を行なった後に銀行へ領収書を提出しなければならないケースが多々あります。

住信SBIネット銀行であれば、契約手続を終えたあとは返済日に返済するだけですので手続きが非常に簡単です。

 

申し込みから融資までの手順

住信SBIネット銀行の契約手続きは以下の流れで行います。

1. ネットから申し込み
2. メールで審査回答
3. ネットまたはFAXで必要書類提出
4. 本申込
5. WEBで契約
6. 融資の実行と支払先へ振込

ネットから申し込みを行い、ネットで必要書類を提出し、ネット上で契約完了です。
全ての手続きがネット上で完結するので、契約手続のために来店や郵送などの必要がありません。

イオン銀行の自動車ローンなどは契約手続だけは郵送で行わなければならないので、この点でも住信SBIネット銀行の方が手続きが簡略化されていると言えるでしょう。

住信SBIネット銀行自動車ローンの必要書類

住信SBIネット銀行自動車ローンの契約に必要な書類は以下の4つです。

  • 見積書・注文書
  • 支払先への振込金額、振込先が確認できる書面
  • 本人確認書類(写)
  • 収入証明書(仮審査承認額が100万円を超える場合)

これらの書類の提出は仮審査通過後に提出します。

仮審査申込時には必要書類は何もありませんので、気軽に申し込みをすることができます。

 

住信SBIネット銀行自動車ローンの借入までのスピード

住信SBIネット銀行自動車ローンは申し込みから借入まで2週間程度の時間がかかります。

借入には口座が必要ですが、住信SBIネット銀行自動車ローンは口座を持っていない人でも、持っている人と同じくらいの速さで融資を受けることができます。

口座を持っていてもいなくても2週間程度

住信SBIネット銀行の自動車ローンは口座を持っていれば2週間程度で融資を受けることができます。

自動車ローンは口座保有が必須ですが、住信SBIネット銀行は自動車ローン申込と同時に口座作成の申し込みをすることができますので、他のネット銀行で申し込みをするよりは早く融資を受けることができます。

申し込みから2週間程度と、借り入れまでにはそれなりに時間がかかってしまいますが、住信SBIネット銀行の自動車ローンは車を決める前から仮審査の回答を得ることができます。

融資には時間がかかることをある程度考慮して、早めに申し込みをするようにして下さい。

 

住信SBIネット銀行自動車ローンの審査基準

住信SBIネット銀行自動車ローンの審査のポイントについて解説します。

金利が低い住信SBIネット銀行自動車ローンは、信用情報に問題がないのはもちろん、その他の情報についても相当リスクが低いと判断される人でないと審査に通過することは簡単ではありません。

審査のポイントについて詳細に解説していきます。

審査をするのは保証会社のジャックス

住信SBIネット銀行の自動車ローンは保証会社のジャックスが仮審査を行います。銀行のローンは保証会社の保証さえ得られれば銀行に損失はありません。

そのため、審査で重視されるのはジャックスの事前審査です。

事前審査に通過することができれば、申込内容に重大な不備や虚偽などがない限りは本審査にも通過することができると考えて問題ないでしょう。

では、ジャックスは申込者のどのようなポイントをチェックしているのでしょうか?

正社員でないと審査通過はかなり難しい

住信SBIネット銀行の自動車ローンは正社員でなければ審査に通過することはかなり難しくなります。

申込条件は「安定した収入がある人」としか記載されていません。

しかし、他の銀行の自動車ローンは正社員でないと借りることができない商品がほとんどです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンは他の銀行よりも金利が低く、審査も厳しいことが想定されるので、基本的には他の銀行と同様に正社員でないと借り入れは難しいでしょう。

信用情報に問題がないこと

信用情報に問題がないということは住信SBIネット銀行の自動車ローンに申し込むうえで大前提になります。

信用情報に債務整理や長期延滞などの金融事故情報がないことはもちろん、他の借入金やクレジットカードの遅れがないことも非常に重要です。

ブラックではないことはもちろん、過去1年くらいの間に他のローンやクレジットカードの支払いに完璧に遅れがない状態を継続してから申し込みをした方がよいでしょう。

他社借入がないこと

住信SBIネット銀行以外からの借り入れがない方が審査には通過しやすくなります。

住信SBIネット銀行自動車ローンは、住信SBIネット銀行でカードローン借り入れがある人は金利優遇されるように、自社の借り入れに対しては寛容です。

しかし、他社からの借り入れに対しては厳しい目線で見られますので、カードローンなどの使い道自由な借り入れを住信SBIネット銀行以外からしていない人の方が審査で有利です。

借入金額は年収の半分まで

借入金額は年収の半分くらいまでしか許容されません。

融資限度が1,000万円までと決まっている住信SBIネット銀行自動車ローンですが、誰でも1,000万円まで借りることができるわけではなく、基本的には年収の半分までが限度です。

とは言え、住信SBIネット銀行自動車ローンは、事前審査で減額回答をしてくれるので、申込時には年収を上回るような金額を希望しても、減額回答によって身の丈のあった融資金額を提示してくれます。

 

最初に申し込むなら住信SBIネット銀行

数ある自動車ローンの中でも住信SBIネット銀行の自動車ローンは最初に申し込むべきローンです。

住信SBIネット銀行から住宅ローンの借入がある人は金利が大きく優遇されますし、優遇なしでも他の銀行と比較して金利が低いためです。

正社員で審査に通過できる自信があるのであれば住信SBIネット銀行に最初に申し込みをすることで低い金利で自動車購入資金を調達できるかもしれません。

住宅ローン借入があるなら金利優遇あり

住信SBIネット銀行で住宅ローンの借入があるのであれば1%の金利優遇を受けることができます。

非常に低利で自動車ローンを借りることができるので、すでに住信SBIネット銀行で住宅ローンを借りている人が自動車ローンを利用したい場合には住信SBIネット銀行へ申し込むのがベターです。

また、住信SBIネット銀行と取引がない人は金利優遇を受けることはできないものの、それでも金利的には他社の自動車ローンよりも低金利になることが少なくありません。

住信SBIネット銀行と取引がない人でも、十分にメリットが見込める自動車ローンと言えます。

他社よりも審査は厳しいがメリットが大きい

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、金利が低い分、審査は甘くはありません。

  • 他社借り入れが多い場合
  • 年収が低い場合
  • 勤続年数が短い場合

これらの人は審査に落ちてしまうこともしばしばです。

しかし、審査に通過することができれば金利的なメリットがあるので、最初に申し込みを行い、ダメであればイオン銀行などの金利が高い自動車ローンに申し込みをしてみるのがよいでしょう。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

自動車ローンで車を買いたい人必見!↓

既にディーラーで自動車ローンを組んだ方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。 ネットで申し込める銀行マイカーローンの実は穴場を下記ページで特集

スポンサーリンク


-自動車ローンの金利と審査 オートローン

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2020 All Rights Reserved.