自動車ローンの金利と審査 オートローン

ジャパンダ ネットマイカーローンの審査基準と金利 損保ジャパン日本興亜

更新日:

Pocket

ジャパンダ・ネットマイカーローンの基本スペックは以下のようになっています。

ジャパンダ・ネットマイカーローンのスペック

資金使途 普通車/軽自動車/バイク(バイクの場合、排気量251CC以上)購入資金
金利 1.9%~2.85%
融資限度額 999万円
返済期間 6ヶ月〜10年
返済日 毎月10日
保証会社 SONPOクレジット(株)

ジャパンダ・ネットマイカーローンは銀行のマイカーローンと遜色ない金利と融資限度額となっています。

商品性で言えば、銀行のマイカーローンとほとんど変わらないということができるでしょう。

申込条件が厳しい

ジャパンダ・ネットマイカーローンは申込条件が銀行のマイカーローンよりも厳しいと言えるでしょう。

申込条件は以下のようになっています。

  • 申込時満20歳以上、満60歳以下
  • 前年の税込み年収280万円以上
  • 定職・定収入のある人

銀行のマイカーローンであっても、前年度年収200万円以上というのが一般的ですので、280万円以上というのはかなり厳しい条件です。

地方の一般的な企業などでは、勤続数年しないと、到達しない年収ですので、そもそも申込自体が誰でもできるローンというわけではありません。

 

ジャパンダネットマイカーローンの特徴

ジャパンダ・ネットマイカーローンは、そもそも損保会社が取り扱っているマイカーローンという時点で、かなり珍しい商品ということができますが、個別の商品内容に関してもメリットと言える特徴がいくつもあるマイカーローンです。

ジャパンダ・ネットマイカーローンの特徴について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


金利が低い

ジャパンダ・ネットマイカーローンは銀行のマイカーローン並みの低い金利です。

メガバンクの1つ、三井住友銀行のマイカーローンの金利が4.475%であることを比較すると、むしろ金利はかなり低いと言えるでしょう。

金利は借入期間と、借入金額によって異なり、具体的には以下のようになっています。

借入金額 借入期間6ヶ月〜5年 借入期間5年6ヶ月〜10年
20万円〜499万円 2.0%~2.8% 2.0%~2.85%
500万円〜999万円 1.9%~2.45% 1.9%~2.55%

一般の人が購入する車の価格帯である499万円以下については、最低金利が2.0%となりますが、それでも、銀行マイカーローンの金利と遜色ない金利ということはできるでしょう。

仮審査の時間は12時間以内

ジャパンダ・ネットマイカーローンは銀行ではないため、審査スピードも大きな特徴です。

インターネットから申込を行うと、仮審査の結果は原則12時間以内に、メールで通知されます。

この早さは銀行とは比べものにならない早さということができるでしょう。

銀行のマイカーローンの審査は「最短即日回答」と記載されていても、仮審査の結果が出るまでに一般的に3営業日程度かかりますし、長い場合には1週間程度の時間がかかってしまいます。

中古車の場合には、車を買うのはタイミングが非常に重要で、早くしないと、狙っていた車が他の人に買われてしまう可能性があります。

このため、借りることができるのかどうか、いくらまで借りることができるのかを原則12時間以内に知ることができる、ジャパンダ・ネットマイカーローンはスピードという点では銀行マイカーローンよりも優れています。

フレッシャーズ割引あり

ジャパンダ・ネットマイカーローンでは、フレッシャーズの自動車購入を金利優遇によって応援しています。

具体的には、以下の条件を満たしている人は、適用金利より-0.1%金利優遇が行われます。

  • マイカーローンの申込時満20歳以上満25歳以下
  • 借入金額が200万円以下

バイク割引あり

また、バイクを購入する人に対しても、金利優遇があります。

以下の基準を満たしている人は、適用金利より-0.1%優遇されます。

  • 排気量251CC以上のバイクの購入
  • 借入金額が499万円以下

保証料なし

ジャパンダ・ネットマイカーローンには保証会社の保証があります。

低金利マイカーローンの中には、保証料は別途必要になるケースも珍しくありませんが、ジャパンダ・ネットマイカーローンは保証料込みの金利設定となっており、保証料が上乗せされるようなことはありません。

 

書類到着後5営業日で融資!申込から借入までの流れ

ジャパンダ・ネットマイカーローンの申込から借入までの流れを確認しておきましょう。

①ネットで申込

②審査結果と借入金利をメールで確認(原則12時間以内)

③申込書などが自宅に郵送される

④必要書類と申込書を返信用封筒で返送(必要書類:本人確認書類、収入証明書、見積書等)

⑤本審査

⑥電話で契約内容の意思確認

⑦本人名義の口座へ融資金を振り込み

④〜⑦までの手続きで最短5営業日で融資が行われます。

書類の郵送の時間を考えても、非対面で最短1週間から10日程度で融資が行われますので、融資までの時間はかなり早いと言えるでしょう。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査

ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査基準はどのようになっているのでしょうか?

審査基準は銀行と同程度ということができるでしょう。

申込条件が厳しい分、申込ができる人であれば、審査に通過することができる可能性はあります。

審査をするのは、保証会社のSONPOクレジット

審査をするのは、損保ジャパン日本興亜の関連会社であるSONPOクレジットです。

銀行のマイカーローンに保証会社がついているのと同じように、ジャパンダ・ネットマイカーローンの保証会社であるSONPOクレジットが最終的な責任を負うため、SONPOクレジットの仮審査に通過することができない場合には、絶対に審査に通過することはできません。

借入額は年収程度までが限度か

自動車ローンのような無担保で使い道が限定されているローンは、いくら多くても年収と同金額が限度です。

適正な借入額は、年収の半分程度と言われていますので、自分の年収から考えて無理のない金額を申し込むようにしましょう。

他社借入があると審査通過は厳しい

ジャパンダ・ネットマイカーローンのような低金利のマイカーローンは、他に使い道自由で、無担保の借入があると審査通過は厳しくなります。

カードローンや、クレジットカードのキャッシングの利用などがある人は、完済してから申込をした方がよいですし、完済が難しいのであれば、絶対に延滞をしないようにしましょう。

信用情報に問題があると審査通過は難しい

審査では必ず信用情報への照会が行われます。

ここで、以下のような事故情報が信用情報に記録されている人は、ブラックという状態ですので、絶対に審査には通過することはできません。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 61日または3ヶ月を超える長期延滞
  • クレジットカードや携帯電話などの強制解約
  • 保証会社による代位弁済

また、信用情報には、過去24ヶ月のクレカや借入金の返済状況も記録されており、ここで遅れが多いと、審査通過は難しくなります。

できれば、申込前の24ヶ月間は、返済に1度も遅れがない状況を継続してからジャパンダ・ネットマイカーローンに申込をした方がよいでしょう。

 

損保会社のマイカーローンと銀行マイカーローンどちらがよい?

損保会社がそもそもマイカーローンを取り扱うということ自体が不思議な感じをお持ちの人も多いのではないでしょうか?

損保会社にとっては、新規で車を購入する人は保険加入のための優良顧客です。

このような、保険の顧客発掘の意味合いを持って低金利のマイカーローンを販売していると言えるのでしょうが、利用者にとっては、銀行と損保会社のマイカーローンをどのように使い分けたらよいのでしょうか?

損保会社のマイカーローンの方が使い勝手は悪い

損保会社のマイカーローンは使い道が「車体購入」に限定されています。

銀行のマイカーローンは、車体購入だけでなく、修理、車周辺機器の購入、車検、免許取得などにも使用することができますし、筆者が勤務していた銀行のマイカーローンでは、カーポート建築資金にまで利用することができました。

この点、車体購入にしか使用することができないジャパンダ・ネットマイカーローンの方が、使い勝手は悪いと言えるかもしれません。

審査難易度は同程度か

銀行か損保会社かの違いだけで、同じように保証会社がついているマイカーローンですので、審査の難易度が特別銀行よりも緩いというようなことはないでしょう。

ジャパンダ・ネットマイカーローンよりも金利が低い銀行は、審査が厳しいでしょうし、三井住友銀行のようにジャパンダ・ネットマイカーローンのよりも金利が高いローンは、審査が緩いでしょう。

どこから借りるのかよりも、金利が高いか低いかによって審査の難易度は異なります。

審査は損保会社の方が早い

銀行のマイカーローンは審査がそれほど早くはありませんが、ジャパンダ・ネットマイカーローンは仮審査回答が原則12時間以内です。

急いで、審査結果が知りたいという人は、銀行よりもジャパンダ・ネットマイカーローンの方が金利的なメリットが大きいと言えるでしょう。

銀行に落ちてから損保会社に申し込んでも審査に通過できる?

銀行の審査に落ちてから損保会社のマイカーローンに申込をしても、審査には通過できるのでしょうか?

一般論として、損保会社のマイカーローンは銀行マイカーローンの補完商品にはならないと思いますし、銀行のマイカーローンも損保会社のマイカーローンの補完商品にはならないでしょう。

先ほど述べたように、ジャパンダ・ネットマイカーローンの金利は低いので、審査難易度も銀行のマイカーローンとそれほど変わらないためです。

ただし、審査の基準は様々ですし、給与振込のある銀行などでは、マイカーローンの審査が優遇されることもありますので、どちらか一方の審査に落ちた場合には、もう一方へ申し込んでみる価値はあると思います。

※個人的には、ジャパンダ ネットマイカーローンよりも先に、銀行の自動車ローンを申し込んでおいた方が良いと思っています。
おすすめの銀行自動車ローンの特集コラムを作ってあります(下記ページ)。

 

まとめ

損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンは、銀行のマイカーローン並みの低金利で、場合によっては銀行よりも金利が低いこともあります。

特徴はなんといっても審査の早さで、原則12時間以内に仮審査回答ですので、「急いで借りることができるかどうか知りたい」という人にはメリットの大きなマイカーローンです。

申込基準が厳しく、年収280万円以上ある正社員などしか、そもそも申込をすることはできませんが、審査に通過することができれば、低金利で融資を受けることができます。

特に、審査通過が難しい、フレッシャーズなどに金利優遇を行なっていますので、年収280万円以上のフレッシャーズの方は申込を検討する価値ありだと思います。

 

自動車ローンで車を買いたい人必見!↓

既にディーラーで自動車ローンを組んだ方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。 ネットで申し込める銀行マイカーローンの実は穴場を下記ページで特集

 

スポンサーリンク


-自動車ローンの金利と審査 オートローン

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved.