中古車買取査定で軽自動車を高く売る方法

車買取一括査定はなぜ高額査定?軽自動車を少しでも高額で売るためには

更新日:

Pocket

高額査定してもらうための方法として人気の車買取一括査定。一括査定では高い査定額が出やすいのは
「価格競争が起こる」
「その車種を求めている業者に出会える」
「情報の非対称性が減る」
などの理由があります。

そこでこれらの理由について詳しく説明した後で、一括査定を使用しながらさらに軽自動車を高く売るためのコツを紹介するので参考にしてください。

車買取一括査定だと高額査定になる理由

価格競争が起こる

例えば、本当は100万円で買い取って十分に利益になる車があったとしても、買取業者が最初から100万円の査定額をだすことはあり得ません。いくら高額買取を謳っている買取業者でも当然企業の利益が優先です。もしも60万円で売ってくれそうだと思えば、60万円で買い取ります。

しかし一括査定でライバルとなる買取業者がいる場合は、価格競争が起こるのは必然です。査定額をケチれば、他の買取業者が買取ってしまうでしょう。その結果、買い取れなかった買取業者の利益は0です。

一方利益は減ってしまうものの、できる限り高額の査定額を出せば、小さいですが利益にはなります。そのため、一括査定だと各買取業者の限界の査定額を引き出すことができ高額査定になるわけです。

スポンサーリンク


その車の買取に強い業者に出会える

買取業者によって、買取が強い車と弱い車があります。例えば買取後に業者オークションに回している買取業者と、買取後に輸出して外国で中古車販売している買取業者があるとしましょう。海外の中古車市場で人気の高い「ランドクルーザー」を売った場合に、後者の買取業者の方が高額査定してもらえる可能性が高いのは想像に難くないはずです。

どの買取業者がどの車種の買取に強いのかを調べることはできません。しかし一括査定サイトで経由で査定をお願いすれば、売りたい車の買取に強い買取業者に出会える可能性が上がります。

一括査定業者は、入力した情報をもとに一括査定業者が判断した、1番高く買取ってくれる可能性がある業者と連絡を取られるようにしてくれる仕組みです。その中には、その車の買取に強い買取業者が入っていることが期待できます。

情報の非対称性が減る

情報の非対称性とは取引を行う際に、商品等に関する知識や情報の保有量が当事者間で大きく異なることです。中古車買取では大きな情報の非対称性が生じています。買取業者は非常に多くの情報や専門的知識がある一方で、売主は十分な情報や知識を持っていないことがほとんどです。

確かに現在ではネットなどで情報を得やすくはなりました。しかし「〇〇という車種の〇〇という年式で走行距離が〇〇くらいだと〇〇くらいの査定額になる」というような場は普通手に入りません。

そのうえ傷や使用状況なども査定額に影響を与えますが、自分の車の傷が大きいのか小さいのか、使用状況が通常よりも良いのか悪いのかなど知るよしもないわけです。そのため買取業者に半ばいいくるめられるように、安い査定額で売ってしまいます。

しかし一括査定業者を使って複数の業者とやり取りをしていくうちに、情報と知識が入ってくるでしょう。例えば車の情報を入力すれば、過去の取引記録から相場を教えてくれる一括査定業者があります。そのような業者を使えば、少なくとも相場に関する情報の不足で不利になることはないでしょう。

薄利多売できるから

あまり商品が売れない会社は、その商品からできるだけ多くの利益を上げる必要があります。一方、商品がたくさん売れる会社なら、商品1個あたりの利益が大きくある必要はありません。

一括査定業者で依頼をすることになる会社は、普段から一括査定業者から客を紹介してもらうことで、コンスタントに車の買取をしています。そのため1台の買取と販売から大きな利益を上げる必要がなく、高い査定額をだせるわけです。

確かに200社以上の提携業者がいる一括査定業者もあり、全ての買取業者がコンスタントに車買取をできているとは思えません。しかし実際のところ、数百社の提携業者がある場合でも、いくつかの買取業者に人気が集まっているものです。その人気買取業者であればコンスタントに買取をしているので、薄利多売していることが期待できます。

 

軽自動車を少しでも高く売る方法

軽自動車専門店に売る

高額査定がつくかどうかは、その業者が購入した中古車をいくらで売ることができるのかどうかにかかってきます。高く売る販路やノウハウを持っている買取業者なら、多少査定額を高くしても十分な利益を得られるため、査定額を高くしても問題ないわけです。

ガリバーが運営している「ミニクル」などの軽自動車専門の販売店であれば、業者間オークションを通さずに販売できますし、軽自動車の販売に強みがあります。そのため利益を確保しつつも、他の買取業者よりも高額査定をしてくれる可能性が高いです。

軽自動車が高く売れる時期に売る

軽自動車の需要は1年を通して変化します。1月〜3月は新生活が始まり、車を買い換えようとする人が多いため、通常は1月〜3月が1番需要が増える時期です。その結果1月〜3月は軽自動車の査定額が高い傾向があります。

また自動車関連企業の決算期が集中する9月頃も、中古車の売買が盛んになり、高額査定してもらえる可能性が高いです。購入から数年経っている場合には、数ヶ月の違いは微微たるものなので、1月〜3月を逃した場合には9月頃まで待ってみるのも良いかもしれません。

ただしフルモデルチェンジがあると数日の違いでも、査定額に大きな差が生じることもあります。フルモデルチェンジが控えている場合には、できるだけ早く売却してしまうのがオススメです。

査定前に洗車する

査定時期が決まったら、しっかり洗車をするのが高額査定には欠かせません。

通常、査定はJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準や項目に沿って行われます。そしてJAAIの定める項目に洗車の有無はありません。そのため洗車をしていないことが直接的に、査定額がマイナスになる原因になることがないのは確かです。

しかし洗車は査定員の心象に影響を与えます。綺麗に洗車されている車であれば、これまで丁寧に使用されており、状態が良く思えてくるものです。

一方洗車されていなければ、雑に使用されてきた車だと考えられ、傷などがあったときに査定額が大きくマイナスになる可能性があります。

なお外装は直接的に査定額に影響を与えることはありませんが、内装は別です。近年は喫煙をしない人が増えている影響で、タバコの匂いなどがあれば非常にマイナスになります。売却をする予定があるのであれば車内ではタバコを吸わないようにしましょう。

必要に応じて純正パーツを揃える

パーツを一部社外パーツにしている軽自動車は、査定額が低くなる傾向があります。中古車を購入する一般客は、よほど社外パーツが機能的であったり、デザインが良い場合を除いて、純正パーツを好むものです。そのため安い値段で一般客に売ることになり、査定額も低くせざるを得ません。

すでに社外パーツにしてしまっている場合には、わざわざ純正パーツを購入して揃える必要はありませんが、純正パーツがあるなら一緒に査定をしてもらいましょう。

 

一括査定業者以外にも査定を呼ぶ

一括査定業者は高額査定に欠かせない存在です。しかし一括査定業者以外にも買取業者を複数呼んで、同時査定をしてもらうことをお勧めします。
中古車一括査定業者に売る車の金額査定の見積もりを競合させて高く売る方法→ 同じ時間に来てもらう!

一括査定業者と提携している買取業者以外にも、大手買取業者や軽自動車専門の買取業者などを呼ぶことで、いっそうの価格競争が激しくなるでしょう。さらに一括査定業者の提携業者がつながっており、談合されてしまうのを防ぐことができます。

コンパウンドを使用する

小さな傷を目立たなくするために使用されるコンパウンド。通常コンパウンドで消える程度の小さな傷であれば、マイナス査定されることはないと言われています。そのためコンパウンドなどはせずに、査定依頼をするのを推奨している人も少なくありません。

しかしコンパウンドで優しく磨く程度であれば、タッチペンなどを使用した場合と異なり、マイナスになることはないです。そのうえ傷が少なくなれば査定員の心象が良くなる効果が期待できます。できることならコンパウンドだけはしておきましょう。

軽自動車は高く売れる?

軽自動車は購入価格が安い傾向があるため、査定額が安くても仕方がないと諦めてしまう人も多いです。

しかし軽自動車は中古車としての価値が高いと言われています。税金が安く、燃費が良いため維持費がかかりにくく、日本国内だけでなく海外でも大きな需要があるからです。

そのため車種によっては、購入価格の70%以上の程度の残存率で売却できる軽自動車もあります。一括査定業者などを利用して、良い査定業者を見つけ、高額買取をしてもらいましょう。

スポンサーリンク


-中古車買取査定で軽自動車を高く売る方法

Copyright© 軽自動車の買い替え手帳 forママ , 2019 All Rights Reserved.